育児を楽しもう!KIDS-ENJOY!!

仕事も育児も前向きに取り組む30代パパのブログ。パパ目線で思ったことを発信!

プログラミング

【プログラミング教室】LITALICOワンダー編Vol.3 コース内容以外について

投稿日:12月 24, 2018 更新日:

Pocket

airmanです~。

今回もLITALICOワンダーさんの「IT×ものづくり教室」のコース以外について調べました。

前にもLITALICOワンダーの記事は書いてますので、そちらもどうぞ!

公式サイトはコチラ↓↓




LITALICOワンダーで身につく力

●自分らしく世界をひろげる力

好きなことを追求する。
世の中に発信するなど、自ら可能性をひろげることができる。

私もそう思いますね。
『好きこそ物の上手なれ』ということわざもある通り、好きなことは上達も早いし、努力も熱心にするものです。なので、子供時代に好きなことに熱中し、とことん突き詰めていく時間ていうのは、人生においてとても重要です。

その好きで追求したことを自ら発信することで、色んな可能性が自分のもとへやってくると思いますよ。

 

●限界をつくらず創造する力

既存の枠組みや価値観にとらわれず、自由な発想で考え、作り出すことができる。

流行るサービスや物とかって、最初はかなり反対意見が出てくるものです。ということは、既存の枠組みや価値観からそれているからということに繋がります。

なので、
「こういうサービス作りたいな」

「こういうロボット作りたいな」

と思ったときに、
「でも、そんなものヒットするわけないか~」

と大半の人は考えて、何もしないで終わってしまうと思います。
その邪悪なストップ機能を止めて、どんどん前進んでいける環境を用意してくれてるのは、とても良いですね!

 

●未知をたのしむ力

新しく見えるものや体験することに対して、前向きにわくわくしながら挑戦できる。

世の中のゼロからイチを作り上げている人たちはこの感覚で仕事してるんだと思う。

たとえ、世にあったものだとしても、自分の中で初めてのことであれば、前向きにワクワクして挑めますよね。
その感覚は早くから養っていければ、社会人になってから仕事への挑み方が、他の人たちと比べて全然違うものになると思いますね。

 

教育スタイル

子供に合った学び方を提供する

それぞれの子供たちの興味や得意、ペースに合わせたプログラムを提供してます。スタッフは答えを教えずに方法を一緒に考えることで、子供自身の答えを引き出します。

自分に合ったプログラムなので、置いてけぼりになることはなさそう。しかも、答えを教えないってところが良いですね。実際の仕事もそうだし、なんでもそうですが、答えを知ってることが良いわけではく、手順や方法を知り、それを活用できることが良いんですよね~。

だから、この方針はとても良いと思います。

日本と海外の教育スタイルの違い

小学生の算数の問題も、日本なら「2+4=?」で答えを求める方式ですが、海外では「?+?=6」になる式は?という日本とは逆の発想を求めるようです。

自分は教育者ではないので、どういう違いが生まれるのかは詳しくわかってませんが、この発想ってとても各個人を尊重しているなぁと思いますね。答えは一緒でも、色んなやり方があるんだよっていうのを教えてくれてる気がします。

 

夢中になれる瞬間を見つける

3Dプリンタやロボットなど、幅広くテクノロジーを体験いただき、夢中になれることを見つけます。様々な入口でのイベント開催、興味に合わせたコース変更のご提案も行います。

やっぱり形あるものを作り出すことって夢中になりますよね。
それは大人になってもきっとそうです。
子供が夢中になってる横で、パパも夢中になって、親子で成長できそうな気がします☆

3Dプリンタにロボット、次世代をリードする人材がここで生まれそうですね。

 

その子の社会をひろげる

仲間と協力して作品をつくる、チームでロボコンに参加する、作品を企画プレゼン大会に応募するなど、新しい社会と繋がる機会を大切にしています。

まず言いたのは、何か物を作るときって、仲間と協力することが多いと思います。
そして、考えが一致しないことも多くなると思いますが、そんな中でも仲間と話し合ってお互いに調整しながら進めていくことになります。

意外と、その話し合って調整しながら進めるっていうのが難しいです。
その経験を若いうちから体験できるのは人間の幅が広がると思いますね!

また、チームでロボコンに参加する、企画プレゼン大会に応募するなど、絶対に良い経験になりますよ!前の記事でもお伝えしたかもですが、意識低い系の自称エンジニアはごろごろいます。

エンジニアといっても、Excelで設計書しか書かない人が多いのをご存知ですか??

ですが、今後そういうエンジニアは淘汰されるはず。
何故か?
エンジニアとしての基礎能力があまりにも低い人が多いからです。

貴様、何様だ!
って言われそうですが、思たことを書けるのがブログだと思ってるので書きました笑

だから、単にモノづくりする。だけでなく、伝える、協調する、などの面もレベルアップしそうだから、良いですよねホント。

 

授業の特徴

■90分授業

お友達の作品をみる、作り直すなど、たくさんの試行錯誤をしていくため、少し長めの時間に設定しています。

■講義形式ではない

みんなで一斉に同じ作品をつくるのではなく、コースごとにカリキュラムを一人ひとりに合わせて提供します。

■年齢・スキル混合

自分らしい発想でものづくりができるよう、学年やスキルの基準にとらわれないクラス編成をしています。

 

■少人数制

お子さん一人ひとりに合わせた関わりができるよう、お子さん4人に対して1人の割合でスタッフを配置してます。

という、4つの大きな特徴を持って授業を行っていくようですね。
不安なことって、「ITに関わったことがなく、周りについていけるか心配」という声が多いと思いますが、これだけ個人により添ったスタイルだったら、心配もすぐ吹き飛んでいきそうですね!!

まずは、資料請求もありですよ。
資料もメールで送られてくるので、すぐに見れますし!
興味が沸いた方は公式サイトへGO↓↓
子ども向けプログラミング・ロボット教室【LITALICOワンダー】

 

今回は、LITALICOワンダーで取り組んでる授業スタイルや方針、教育のビジョン的なところをお伝えできたと思います。

記事を書いていたら、なんだか私も子供へのIT教育、興味が沸いてきました。
LITALICOワンダーの教育方針が自分の考えとマッチする部分が多いなと思ったんで、記事もとても書きやすかったです笑

また、LITALICOワンダーの記事を書いてみようと思いますね☆

-プログラミング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【プログラミング教育】スクラッチプログラミングを実際に使ってみました!

どうも、airmanです★ 今回は、こども向けのプログラミングの 『Scratch(スクラッチ)』 のご紹介です!   結構、自分の周りでもプログラミングについて気になっている親御さんたちが …

【プログラミング教室】LITALICOワンダー編Vol.2 無料体験について

みなさんこんばんは~。 最近、仕事が忙しく、あり得ない作業スケジュールになってきて、このままではブラック化しそうな勢いのairmanです。 とは言え、10連休をゲットできそうなので一安心です☆ 皆さん …

【プログラミング教室】LITALICOワンダー編Vol.1 ゲーム&アプリコース

どーもこんばんわー☆airmanです☆ 今回は前回アップした記事に引き続き、子供向けのプログラミングにフォーカスを当てていきたいと思います。 前回の記事はコチラ(スクラッチプログラミング!子供の教育の …

【D-SCHOOL】マイクラでプログラミングを学ぼう!

どーもこんにちは!airmanです! 2018年もそろそろ終わりに近づいてまいりましたね。 皆さんは今年一年どーでしたか?? 目標にしていたことをちゃんと達成できましたか?? さて、本筋に戻すと(まだ …

プロフィール


どうもこんにちは!
airmanです。
30前半で息子1人のパパやってます。
「育児って面白い」
この感覚を持ちながら、育児に関する有益な情報を調べては発信してます。
地方でエンジニアやってますが、将来は独立するかも?(^^)
「面白い」を追求するために日々奮闘中!

twitter:Airman

★嫁さんがインスタで男の子向けコーデを日々アップしてます↓↓



ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパランキング

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー